サラブレッド銀座:北海道新冠町の競走馬たちの聖地、ここにあり

北海道新冠町に位置するサラブレッド銀座は、約8kmに渡って大小様々な牧場が連なる、まさに馬の聖地である。かつて日本のダービーを制したハイセイコーや、平成の怪物と呼ばれたオグリキャップなど、数々の名馬を輩出したことで知られるこの地は、競走馬を目指すサラブレッドたちの躍動する姿を一望できる。

緑豊かな牧場を駆け抜けるサラブレッドたちの姿は、まさに圧巻。中には、愛らしい子馬の姿を見られることも。サラブレッド銀座は、馬好きならずとも心を奪われること間違いなしの場所である。

競走馬たちの雄姿を間近で観賞できるだけでなく、サラブレッド銀座には魅力的な観光スポットも目白押しである。サラブレッド大壁画や判官館森林公園など、訪れる者を飽きさせない。ドライブやサイクリングで訪れ、雄大な自然と一体化するのもおすすめである。

サラブレッド銀座を存分に楽しむためのポイント

牧場見学: 各牧場では、見学ツアーや乗馬体験などを提供している。サラブレッドたちの日常を間近で観察できる貴重な機会である。
ドライブ: 美しい牧場風景を眺めながら、ドライブを楽しむ。風を切って駆け抜ける爽快感は格別である。
サイクリング: 爽快な風を感じながら、サイクリングを楽しむ。馬たちの放牧風景を眺めながら、ペダルを漕ぐのも良いだろう。
グルメ: 新冠町には、ジンギスカンやラーメンなど、北海道グルメを楽しめるお店がたくさんある。ドライブやサイクリングの疲れを癒すのに最適である。

サラブレッド銀座へのアクセス

  • 飛行機: 函館空港または帯広空港からレンタカーで約1時間30分
  • 電車: JR南千歳駅から特急列車で約2時間30分、その後バスで約30分
  • 車: 札幌市内から約3時間

サラブレッド銀座のベストシーズン

春: 愛らしい子馬が生まれ、生命の息吹を感じられる。
夏: 緑豊かな牧場風景が目に鮮やかに広がる。
秋: 紅葉した木々の間を駆けるサラブレッドたちの姿は、絵画のようである。
冬: 雪景色の中で放牧されているサラブレッドたちの姿は、幻想的である。

サラブレッド銀座を訪れる際の注意点

  • 牧場内は私有地なので、マナーを守って見学する。
  • サラブレッドにエサを与えたり、触ったりすることは厳禁である。
  • 子馬に近づきすぎると、母馬が警戒して攻撃してくることがある。
  • 馬たちの躍動、雄大な自然、そして北海道グルメ。サラブレッド銀座は、五感を満たしてくれる特別な場所である。北海道旅行の際には、ぜひ訪れてみては如何だろうか。

ハイセイコー、サラブレッド銀座の眠る伝説

北海道新冠町のサラブレッド銀座。競走馬の聖地として名高いこの地には、数々の名馬たちが眠っています。その中でも、ひときわ存在感を放つのが、ハイセイコーのお墓である。

かつて日本のダービーを制覇し、競馬界に新時代を築いたハイセイコー。その名は、競馬ファンならずとも広く知れ渡っているだろう。引退後は種牡馬としても活躍し、多くの優秀な後継馬を輩出した。まさに、サラブレッド界におけるレジェンドである。

ハイセイコーのお墓は、明和牧場というサラブレッド銀座の中でも特に多くの名馬を輩出してきた牧場内にひっそりと佇んでいる。周囲は緑豊かな自然に囲まれ、静寂に包まれたまさに安息の地である。

墓碑には、ハイセイコーの名前と生没年月日が刻まれている。簡素なデザインながらも、その存在感は圧倒的だ。訪れる者は、ハイセイコーの偉大な功績に思いを馳せ、静かに祈りを捧げる。

ハイセイコーのお墓は、単なる観光スポットではない。競馬史に燦然と輝く一頭のサラブレッドの生涯を、静かに語りかけている場所である。サラブレッド銀座を訪れた際には、ぜひハイセイコーのお墓を訪れ、その偉大な功績に思いを馳せてみてはいかがだろうか。

※明和牧場は、一般の観光客向けには開放されていない場合があります。事前に牧場へ問い合わせて、見学可能かどうか確認することをおすすめします。

駿馬記念館とオグリキャップ:北海道競馬のレジェンドを繋ぐ場所


等身大のブロンズ像(2010年に建立)

北海道新冠町にある駿馬記念館は、北海道競馬の歴史や文化、そして名馬たちの軌跡を伝える貴重な資料を数多く展示している施設だ。その中でも、オグリキャップは駿馬記念館にとって特別な存在と言えるだろう。

オグリキャップは、1988年にデビューし、数々のレースで勝利を収めた北海道競馬史上最強の競走馬である。その破天荒なキャラクターと類まれなる勝負強さで、競馬ファンのみならず多くの人々を魅了した。

駿馬記念館には、オグリキャップの蹄鉄や勝負服など、貴重な資料が展示されている。また、オグリキャップのレース映像を上映するコーナーもあり、当時の興奮を再び味わうことができる。

オグリキャップは、単なる競走馬ではない。競馬界に新しい風を吹き込み、多くの人々に競馬の魅力を伝えた存在と言えるだろう。駿馬記念館は、そんなオグリキャップの功績を称え、後世に伝える場所なのだ。

オグリキャップの故郷である北海道新冠町には、等身大のブロンズ像が設置されている。像の高さは約180センチ。
実際のオグリキャップの毛色である芦毛を表現している。

参考情報

サラブレッド銀座公式ホームページ: https://www.travel.co.jp/guide/article/32426/
新冠町観光協会: https://www.niikappu.jp/sangyo/kanko/2023-0323-1923-30.html

関連記事

  1. アラスカのポーテージ湖:オーロラ鑑賞のベストスポット

  2. 北海道・十勝の歴史と文化を体感!帯広百年記念館

  3. 広大な大地に心癒される、ナイタイ高原牧場

  4. カリフォルニア:ケルプの森を探検

  5. マチュピチュ:天空都市の謎

  6. ビクトリアの滝:世界三大瀑布の一つ

  7. イエローストーン国立公園:自然の驚異を体感する

  8. 天空のダンス:アラスカ クロウ・クリーク鉱山の上空に輝くオーロラ

  9. アイスランドの秘湯、クヴェーラベトリル温泉:手つかずの大自然に抱かれた至福のひととき

  10. ハワイのノースショア:大自然と文化が織りなす楽園

  11. カリフォルニアのレッドウッド:世界最高の巨人

  12. グランドキャニオン:地球の驚異を体感する

  13. グレートリフトバレー:大地の裂け目に広がる生命の楽園

  14. クエバ・デ・ロス・クリスタレス:水晶の洞窟を探検する

  15. 十勝の大自然を満喫!花と緑の楽園「十勝ヒルズ」