天空にそびえる、標高4,478mの巨峰、マッターホルン

アルプス山脈の最高峰モンブランに次いで2番目に高い山であるマッターホルンは、その美しいピラミッド型の姿で世界中の人々を魅了してきた。

歴史と背景

マッターホルンは、スイスとイタリアの国境に位置する標高4,478mの山である。ドイツ語で「牧草地の角」を意味する「マッターホルン」という名前は、その形状に由来している。

マッターホルンは、1865年に初めて登頂された。登頂は困難を極め、初登頂の際には4人の登山家が命を落とした。しかし、その危険性も相まって、マッターホルンは登山家たちの憧れの山として、今もなお多くの人々が挑戦し続けている。

大阪からツェルマットへのアクセスと予算

大阪からツェルマットへのアクセスは、飛行機と鉄道を組み合わせるのが一般的である。

チェアトラベラー 空想の旅

早朝に大阪を出発し、チューリッヒ経由でツェルマットへ向かった。ツェルマットに到着したのは、午後3時頃だった。

ホテルに荷物を預け、早速マッターホルンを眺めに向かう。ツェルマットの村からマッターホルンを眺めると、その雄大さに圧倒される。思わず息を呑み、言葉を失った。

翌朝、私はゴルナーグラート展望台へ向かう。ゴルナーグラート展望台は、マッターホルンの絶景スポットとして知られている。

ゴルナーグラート展望台からは、マッターホルンだけでなく、周辺の山々も見渡せる。その景色は、まさに絶景である。

私は、ゴルナーグラート展望台でしばらくの間、マッターホルンを眺めていた。その雄大な姿は、心に深く刻み込まれた。

マッターホルンへの旅は、一生忘れることのできない思い出となった。マッターホルンの雄大さに感動し、自然の美しさを感じることができた。

この旅を通して、自然の大切さを改めて認識した。今後も、機会があれば様々な自然を旅したいと思う。

関連リンク

マッターホルン – Wikipedia: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%83%B3
マッターホルン Matterhorn | スイス政府観光局 – Switzerland Tourism: https://www.myswitzerland.com/ja/destinations/matterhorn/
スイスのシンボル「マッターホルン」の魅力と観光の楽しみ方 – ブループラネットツアー: https://a-tabito.jp/world/charm-matterhorn-switzerland/

関連記事

  1. ボルネオ:地球最古の熱帯雨林

  2. ラ・ディーグ島:南太平洋に浮かぶ宝石

  3. サラブレッド銀座:北海道新冠町の競走馬たちの聖地、ここにあり

  4. カリフォルニアのレッドウッド:世界最高の巨人

  5. オーストラリア グレートバリアリーフ:世界最大級のサンゴ礁

  6. バハマ諸島:ブルーホールの神秘を探る

  7. アイスランド ブルーラグーン:世界屈指の温泉

  8. 天空の絶景:アルティプラノ

  9. バイカル湖:世界最古・最深の湖

  10. グランドキャニオン:地球の驚異を体感する

  11. アルゼンチン・パタゴニアの氷河王:ペリトモレノ氷河

  12. アラスカのポーテージ湖:オーロラ鑑賞のベストスポット

  13. ハワイの火山:自然の驚異を体感する

  14. ノルウェー:フィヨルドの絶景を満喫

  15. アルゼンチン:パタゴニアの大地に聳え立つフィッツロイ山